FPIC横浜

任意後見制度についてAbout Optional Guardianship System

 ご本人の判断能力が衰えた場合に備えて、公証役場で作成する公正証書により任意後見契約を結んでおく制度です。
 誰に後見人になってもらうか、どのような援助をしてもらうか、あらかじめご本人が任意後見受任者を決めておくことができます。 ※ 「任意後見契約」のQ&Aは、 こちら(日本公証人連合会)をご覧ください
 


FPICと任意後見契約をお考えの方へContract of Optional Gurdianship

 ● 相談される方に相談室にお越しいただき、面接しての相談となります。相談は有料です。
 ■ 受付への問合せの際は、電話番号の非通知設定を解除してからお架けください。

   1 右記の受付に電話をおかけいただき、「任意後見の相談」とお伝えください。
     ※ 受付、相談とも平日のみで、土日曜日、祝日には行っていません。
   2 受付が「お名前、相談内容、電話番号」をお伺いし、相談担当者に連絡します。
   3 相談担当者から携帯電話により、相談の日程調整の連絡を差し上げます。
   4 決まった日時に相談室にお越しください。
     ※ キャンセルや延期の場合は前日までに相談担当者までお知らせください。
   5 相談料金は、相談の終了時にお支払いいただきます。

任意後見契約の手順についてProcedure of Contract

  1 FPICがご本人と任意後見契約を結ぶに当たって、ご本人と面談して協議し、ニーズに応じた契約内容や
   報酬額を決めます。
  2 公証役場において公正証書を作成します。公証役場には任意後見受任者が付き添います。
    ※ 契約までの公証役場への付添は無料です。

  

   3 公正証書作成後は,契約に基づいた報酬をいただきます。

                       

見守り等の契約についてContract of Option

 見守り委任契約
   FPICの担当者が定期的に、ご本人と面会、電話やメールによる連絡を取り、心身の状況を見守ります。
   ご本人からの要請や担当者の判断により緊急に訪問もします。医療機関や行政機関等への付添や対応をします。
 財産管理委任契約
   ご本人の判断能力の衰えはないにもかかわらず、身体が不自由な状況となったとき、ご本人と協力して財産管理
  を行います。医療費や公共料金等の支払いの代行、生活費を通帳からおろして定期的にお届けします。お預かりし
  た財産の目録、預り証、会計帳簿や事務記録を作成し、定期的にご本人にご報告します。
 亡くなられた後のこと(死後事務委任契約)
   ご本人が亡くなられた後、関係者への連絡、公共料金・施設費や医療費等の精算、遺品整理及び行政機関等への
  届出事務等のお手伝いをします。
 施設入所時の身元保証人について
   老人ホームや介護施設への入所、アパート賃貸の際の身元保証について、FPICでは受けることができません。
  ご本人で「保証会社(団体)」に加入していただくことになります。ご了解ください。

任意後見の報酬・見守り等の料金Guardian fee

  任意後見や見守り等の契約の際に、ご本人と面談し、FPICの基準報酬額を基にして決めます。

カレンダー

inserted by FC2 system 受付休業日 本日

受付

TEL:045-226-3656
受付:10:00〜16:30
    月~金(祝日を除く)
住所:横浜市中区吉浜町1-9
   エトアール吉浜405号

任意後見契約の手順

 

inserted by FC2 system